読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の生きる方法

発達障害傾向の孤独な喪女(26)が考えた、「私が」楽に生きる方法など雑記 【発達障害/パニック障害/場面緘黙/プチプラコスメ】

【発達障害】コミュ力がなくて何が悪いの?――TEDから知る人間の多様性

発達障害

就職活動の時、私は企業が求めるコミュニケーション能力というものに悩まされた。

そして、ある日、悩まされる割に、その悩まされるものの定義が曖昧なことに気付いた。

コミュニケーション能力とは?
  • 初対面の多くの人と親しくなる力
  • 人と信頼関係を築ける力
  • 相手の気持ちを察することができる力
  • 論理的に物事の概要を伝えることができる力
  • ディベートができる力

などなど、様々な面がある。曖昧なものを求められてもね、と簡単に割り切ることができたら良かったが、最終的には大学のカウンセリングを受けるまで悩んでしまった。

 

その後、友人から、TEDの講演を教えてもらったことを思い出し、もう一度見直すことで、自信を少し取り戻すことができた。

その講演を以下に紹介する。

 

www.ted.com

www.ted.com

www.ted.com


以上、3つの講演から、私が蛇足することなど何もないが、言うことがあるなら1つだけ。

障害者は人間の多様性の可能性である。

一様な人間が構成する社会は、衰退する運命なのだ。分かりやすい例が、古代スパルタの衰退である(詳しくはGoogle先生へ)。