読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の生きる方法

発達障害傾向の孤独な喪女(26)が考えた、「私が」楽に生きる方法など雑記 【発達障害/パニック障害/場面緘黙/プチプラコスメ】

自己分析

少しはましに生きるための具体的な取り組み

掲題について、取り組みを徐々に初めてみた。 以前に抽象的に書いた記事は以下になる。 salt2223.hatenadiary.jp 以下に、具体的な取り組みを列挙する。

欲の持ち方について

以下の記事で、休日に外出できなくてどうしようと書いた。 salt2223.hatenadiary.jp 先週と今週と、私は電車に1駅だけ乗って外出することができた。急にどうしたのだろうか。

少しはましに生きるために必要なこと

最近、根っこにある絶望感や失望感が存在しなければ、今までで一番ましな感じに生きられているのではないかと思う。 今は、その根っこの部分に目を向けてしまっているから、虚しさを感じる。 職場で、人とよく話すようになった。 隣の女性と雑談や仕事の話を…

恋愛と結婚について

最近、契約結婚のドラマが流行っていると聞く。 原作の漫画を無料でちらりと読んだことがあるが、結局彼らはくっつくのだと思い、興が冷めた。契約ならば契約で推し進めなければならない。 今の日本では、恋愛というものが大変持ち上げられている。 元来、私…

憂鬱の最中の主に仕事についての雑記

今週は比較的憂鬱で、ポジティブになることもなかったため、何もブログを書かなかった。 雑念だけは湧いてくるため、私以外の誰にも得にはならないことを以下に記載する。 1つだけ、気付いたことがある。 私が家の外に出たくないのは、比較的家が心地よいか…

仕事が忙しくなくて辛いのなら、家でも仕事のことを考えていればいい。

仕事が失注した。 もともと、仕事量が少ない業務を組み合わせているグループに所属している。その仕事は、主に私が処理することが決まっていた(そもそも、上司と私しかその技術を持たないというリスクが高い状況)ため、急に暇になった。 毎日定時で帰ってい…

休日に外出しない病気

休日に家の外に出られない。 実家暮らしのため、絶対に外に出なければならない用事も少ない。 歩いて行ける範囲ならばそれなりに気楽に出られるのだが、電車で1駅となると、かなりの気合が必要になる。 昔からそうだった。休日に外に出るなど、親に連れて行…

プライドが高めかつ無愛想な後輩から学んだこと

以下の記事で、会社の後輩について考察していた。 salt2223.hatenadiary.jp ここ数日で、彼に対して、新しい仮説を立てたため記載してみる。 彼は発達障害ではなく、プライドが高いだけなのかもしれない。

多様性に目をつぶる日本社会と私について

以下の記事で、学生時代の私の引け目について記載した。 salt2223.hatenadiary.jp 学生時代の私は、学校で得ていた感覚が全てだった。学校=社会だったのだ。 今思えば、学校という場所は特殊である。同世代ばかりが集まる、組織としての目的のない、狭い世…

【発達障害】学校と会社の人間との関わり方の違いと、これからの私について

今まで友達がいないことに引け目を感じて生きてきたが、今になってようやく、私は同世代女性と馴染まない性質をしていることをはっきりと自覚し、引け目を感じる必要はないのだと確信した。 逆に、共感が少ないと思われる世代が異なる人間との関わりの方が楽…

【発達障害】少数派として生きることと、多数派への嫉妬について。

物心ついてから、私は「他人と何かが決定的に違う」と思い続けてきた。それは今でも同様だが、昔よりかはそれを具体的に捉えることができるようになっている。 他人を見ていると、「多数派で生きてきたのだろうな」「自分の思いを疑わずに生きてきたのだろう…

【発達障害】脳の偏りを利用すること

私の脳は個性が強い。その個性を利用し、なんとか生きやすくならないものか、考えている。 脳の偏りによる弊害は多いものの、悪いことばかりではない。一般の人にない能力があると気付いたのは、比較的最近だ。しかし、それは決して、代償がないわけではない…

生き辛いからこそ身体のケアをしようと思う。

過去の記事で、私が生きていくためには、感覚的でなく人間に依存しない何かを見つけないといけないと書いた。 以下の記事がそれに該当する。 salt2223.hatenadiary.jp 思いついたことがあったため、以下に記載する。 身体をケアしようと思う。

悟りと感情について。

ブログにつらつらと自分の思いを書き始めてから、心境に変化はあった。気持ちを外に明文化して吐き出すことは、心の整理に有用なのかもしれない。 考えは更新されている。この1年ほど、同じような気持ちから変化せずにいたため、更新できたということは素晴…

仕事と私について。

最近少しずつ仕事が忙しくなってきて、更新が疎かになった。忙しいと言っても、毎日残業するわけでもなく、1時間弱ほど残業するだけなのではあるが、生活リズムが変わると少ししんどい。 ちなみに、今までの最高の残業時間は月に20時間弱で、繁忙期以外は基…

私は楽に幸せに生きることはできない。

前の記事で、私が人生に求めるものを考えてみた。 salt2223.hatenadiary.jp 自問自答した結果、私が人生に求めるものを以下に列記する。 楽さ 楽しさ 幸せ 私はこれらを手に入れることはできるだろうか?

私が人生に求めるものは何なのか。

今まで、疑問を抱かず、以下のように考えていた。 生きるなら楽しみたい。 楽しく生きることが人生の目標。 これが全ての元凶ではないのか、と不意に思い至った。 「楽しさ」は主観的かつ感覚的である。定義が難しい。私がそう思ったら、それは間違いなく「…

【発達障害】この世は、社会に見かけ上適応させて生きていくゲーム

生まれたままの私は、この世の中で生きていくことができなかった。 家の外で社会に曝され、他者の目に曝されること、それによる謎の違和感と生き辛さに苛まれてきた。 人間が何故このように振る舞うのか、何故このようなことが自然にできるのか、分からなか…

昔の私が犯した間違いと今後の生き方について

1年前まで、数年間、幸運だと思って、人生を、自分を投げ出していた。 楽しいことがあった。人間と関わって楽しいと思えた。そして、それに委ねてしまっていた。今までの私の努力が実って、幸運が巡ってきたと思った。 普通の人間並みに、ようやく、人生を楽…

気を紛らせていないと絶望感が強い。

気を紛らせていないと、抱えきれないストレスによる絶望感が強い。 1年ほどこのような状態であるため、その度にさっさと人生を終わらせてしまいたいと思う。気を紛らす要因を増やすため、ブログを作った側面がある。 脳の容量を超えるのではないかと思うほど…

私が生きることに疲れた原因について。

ここ1年、私はずっとつかれたつかれたと連呼している。 原因は、他人の中に、「やっと私は世の中に認められた」「今まで頑張ってきたことが認められた」のだと思っていたため、その他人が姿を消すと、それらの肯定感が霧散したためである。 今まで頑張ってき…

私は他人の役に立たないと生きていてはいけないのか。

今日は、会社で他部署への研修を実施した。 実施した後、複数人から、「よく分かった」などとお褒めの言葉を預かり(まあ、研修をした本人に貶すことを言うことはあるまい)、残業して準備した苦労が報われたような、人間の役に立って良かったな、という感覚を…

続・何故私には友達ができないのか。

以下の以前の記事を書いた後、さらに気付くことがあったため、新しい記事を書いてみることにした。 salt2223.hatenadiary.jp 私が上記の記事を書いた理由 悩みを人の目に触れる場所に明確に記載することで、自分の考えを「チラシの裏」レベルから昇華させる…

私が自己肯定感を増すための方法を考えてみた。

私は論理作業は得意だが、それ以外の能力は最底辺だと感じている。 飲み会、人の間の立ち振る舞いなど、人の様子を見て模倣することはできることになってきたが、それに伴う苦痛はゼロにはならない。 かつ、なにせ、人とまともに交流ができない。大勢の人が…

何故私には友達ができないのか。

はじめまして。そるとと申します。タイトルのような内容で、鬱々と分析していきます。よろしくお願いします。 掲題(何故私には友達ができないのか。)について 今までの環境で、同調、共感できる同世代同性にほとんど出会わなかったため:環境要因 社交面の自…